のびのび【2019年10月5日土曜日の芦毛さんの結果】

3頭の芦毛さんが勝っています!

3場開催でしたが芦毛さんの出走レース数自体は多くなかった(局地的に芦毛さんが固まっていた)ので頑張りましたね。東京は3つのレースしか芦毛さんが出走していなかったのですが2勝!

東京4Rのメイクデビュータイアンキチジツが勝ちました。7番人気でした。

今週は芦毛さんのデビューが多く、このメイクデビューにも4頭の芦毛さんが出走していました。

レースでのタイアンキチジツちゃんはスタートの良かったヘニービュットくんの真後ろ、馬群の中の4番手でレースを進めます。直線に入るとラチ沿いに進路をとったタイアンキチジツちゃんはじわじわと伸びて遠く離れた逃げ馬を少しずつ追い詰め、ゴール直前捉えることができました。道中スムーズで最後まで粘り強い見事なレースっぷりでしたね。芝スタートで少し置いていかれていたようですのでダートがいいみたいです。

好位にいたヘニービュットくんは直線入り口でいっぱいになったかな?後退して9着。縦長の展開から後方からの競馬をしていたフジコウキくんは上がり3F最速を記録する追い込みで8着に、ティアップレディーちゃんも追い込んで11着でした。

新潟12Rの飛翔特別(1勝クラス/500万下)ファストアズエバーが勝ちました。1番人気でした。

こちらのレースも芦毛さんが5頭出走していました。新潟が得意そうなスウェプトオーヴァーボードの娘さんが3頭も。

1番人気に推されていたファストアズエバーちゃんは4戦連続の新潟1000直でしたね。ゲート内できょろきょろしているのが確認できましたが少し落ち着きが無かったようです。ジョッキーのコメントを拝見するとおてんばさんなのですね。レースはスタートはあまりよくなく中団で、馬込みのなかじっと我慢して追い出すとよく伸び人気に応えることができました。

前走に続いて新潟1000直のラインギャラントちゃんはスタートから積極的でしたが後退。ラチ沿いでかわいいお顔をたくさんみせてくれましたが14着でした。

他に出走していた3頭の芦毛さんはこのコース初めての経験でしたね。ミヤジシルフィードくんは普通に出たように見えたのですがすぐに位置を下げましたね。最後は進路をとるのに苦労したかな?10着でした。そんなミヤジシルフィードくんの後ろから最後いい脚で差してかわしたのがチャリオットちゃん。9着でした。コース外側にお馬さんが集中しがちな新潟1000直でまんなからへんをマイペースではしっていたタンレイちゃんは15着でした。

東京6Rの3歳以上1勝クラス(500万下)グランソヴァールが勝ちました。1番人気でした。

青いシャドーロールのグランソヴァールくん。中団やや後ろから外をとおって直線にはいると抜群の手ごたえで抜け出しました。春は芝を使っていて休み明けの前走もフルゲートの芝で4着だったんですが、未勝利を圧勝した舞台でダートへの適正を見せてくれました。

新潟9Rは芦毛さんワイド

行き脚のいいシークエルちゃんがレースを引っ張り、直線に入っても前2頭の競り合い。そこに中団からベルアーシュちゃんが猛追。勝ち馬に振り切られてしまいましたが粘るシークエルちゃんを差したベルアーシュちゃんが2着、シークエルちゃん3着の芦毛さんワイドとなりました。

ベルアーシュちゃんはここのところ芝も使っていましたが、ダートに戻ってすごい脚を使ってくれました。シークエルちゃんは骨折から長期休養で今年4月に復帰。二桁の着順が続いていましたが粘り強く頑張っていましたね。

10月5日土曜日

東京競馬場

  • 4R:タイアンキチジツ1着・ティアップレディー11着・フジコウキ8着・ヘニービュット9着
  • 5R:グッドマックス4着・フェデネージュ6着
  • 6R:グランソヴァール1着

京都競馬場

  • 1R:コスモジェミラ9着・フラミンゴフライト2着・リリーミニスター11着
  • 5R:ヴィクトリーナイト17着
  • 6R:エリーズタイフーン11着・ラブカレン12着
  • 7R:オースミヌーベル9着
  • 10R:ショウナンサリュー7着

新潟競馬場

  • 1R:トーコーブリザード11着
  • 4R:ヤマタケジャイアン11着
  • 7R:ヨクエロマンボ6着
  • 9R:シークエル3着ベルアーシュ2着
  • 10R:レオ 10着
  • 12R:タンレイ15着・チャリオット9着・ファストアズエバー1着・ミヤイシルフィード10着・ラインギャラント15着
出走情報・レース結果はJRA公式サイトの正確な情報をご確認ください。
スポンサーリンク