末広がり人気【2019年3月3日日曜日の芦毛さんと白毛さんの結果】

メイショウテンゲンがG2弥生賞を勝ちました!

日曜日は中山で2頭の芦毛さんが勝っています。

中山11Rの弥生賞(3歳G2)メイショウテンゲンが勝ちました。8番人気でした

【弥生賞】(中山)~8番人気メイショウテンゲンが重賞初制覇 | 競馬実況web | ラジオNIKKEI
http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_17238.html

1着 メイショウテンゲン(池添謙一騎手)
「今日は雨が味方してくれました。終始馬場を気にせず走っていました。母も重い馬場を得意にしていました。きさらぎ賞では切れ負けした感じでしたから、今日は早めの競馬をしました。それもうまくいきました。皐月賞の権利も取れて、賞金も加算できましたから、この後順調にいってほしいと思います」

(池添兼雄調教師)
「レースは中山を乗りなれているジョッキーに任せていました。時計がかかったぶん、この馬にはよかったのでしょう。母はGIで活躍した馬で、父もディープインパクトですから、重賞を勝てて肩の荷が降りたという感じです。母もそうでしたが遅咲きのタイプで、これからまだ良くなる馬です。楽しみにしたいです」

10頭立てでしたが縦長の展開となりました。スタートから全体がごちゃごちゃしていましたが外枠のメイショウテンゲンくんはあまり影響を受けずすっと馬群中団の外側につけてレースを進めることができましたね。3コーナーあたりから早めのし掛けで位置をおしあげると直線でもしっかりと伸びて追い込み馬も寄せ付けず先頭でゴールしました。重い馬場や坂道、小回りコースを気にせず力強いレース内容でしたね。

メイショウベルーガさんにとって第3仔となるメイショウテンゲンくんが産駒として初めて重賞制覇、お母さんと同じG2ウイナーとなりました(´ω`)嬉しいですね。そしてクラシックの大舞台へ!

中山7Rの4歳以上500万下ミラクルヒッターが勝ちました。8番人気でした。

16頭立て大外枠のミラクルヒッターくんはスタートの出があまり良くなく後方から。2500mという長距離のダート戦で道中も馬群が動いていましたが馬群はひとまとまりで直線へ。後方大外にいたミラクルヒッターくんが素晴らしい脚で追い込み他馬をまとめて差しきりました。

ミラクルヒッターくんは昨年4月に未勝利を勝って以来の2勝目。前走もスタートから行き足がつかず後方からの競馬で8着だったのですが、今回は足抜きのいい馬場がよかったのかな?快勝でしたね。

気になる芦毛さん

3連続2着。

中山で芦毛さんが活躍の日曜日でしたが、4・5・6と白毛さん・芦毛さんが2着という結果が続きました。みんな3歳の男の子ですね。6R未勝利のレオくんは半馬身の差と僅差で惜しくも初勝利を逃しました。2ヶ月ぶりのレースで大柄な芦毛さんが身体を絞ってきていましたので次走もっとよくなってるといいな。

人気の白毛ハヤヤッコくんは4Rの500万下で2着。未勝利は芝で勝っていますがダートに変わって3戦目ですね。この一族はやっぱりダートかな?前で決まったレースとなりました。黒いメンコからでている白い耳がぴよぴよ動いているのがよく見えてかわいい(´ω`)

5R未勝利のアルママくんはこれで4度目の2着ですね。1レースおきに2着となっているので次は1着だといいですね。

3月3日日曜日

中山競馬場

  • 1R:アイアンゾーン10着
  • 4R:ハヤヤッコ(白毛)2着
  • 5R:アルママ 2着
  • 6R:ビギングローリー14着・レオ2着
  • 7R:ミラクルヒッター1着
  • 8R:ブランオラージュ7着・ライバーバード3着
  • 11R:メイショウテンゲン1着

阪神競馬場

  • 3R:サダムオリジン7着
  • 5R:インフェソレイユ9着・ドアトゥブリス13着・メイショウオウギ6着
  • 6R:アンフィニマン10着
  • 7R:カフジフェニックス9着

小倉競馬場

  • 1R:カシノブレンド8着・ユイノムサシ12着
  • 2R:スナークライデン8着
  • 3R:エイトマイル3着
  • 4R:カツコノユメ11着
  • 7R:レッドアルジーヌ12着
  • 8R:トモジャクアルト 10着
  • 10R:ファストアズエバー 4着
  • 12R:ウェディングベール 6着
出走情報・レース結果はJRA公式サイトの正確な情報をご確認ください。
スポンサーリンク